Bambini の物語

デザイナー故・佐々木敏光氏が、

「子どもたちには幼い頃からデザイン、機能美のあるモノに触れてもらいたい。

そういったモノたちを創り、世に送り出すことで、こどもの情操を豊かに

育むお手伝いをしたい。」という思いから生み出した。

木製子供椅子 “バンビーニ”

wIMG_5018_STC-05DB

wIMG_5108_STC-02RD.09.10

「モノにどれだけの力があるのか」

いつもこのことを念頭に置き、30年間家具のデザインを続け、【デザイン=生活】

というシンプルな思考のもとに、日本の生活に寄り添う家具を創り続けたそうです。

wIMG_5200_STC-01RD.GR

wIMG_5396_mokuba
その過程で、当時の間に合わせ的な素材やデザインを見て感じた、

「よいデザイン、機能美に触れるのは大人になってからでは遅いのではないか」

wP1050162_STC-04RD2

「子供のときからデザイン性の高い道具に触れ、何年も使えて思い出に残る

しっかりした家具に出会うことが、子供の情操を育むのに役立つのではないか」

wIMG_5799_STC-04DB

故人の思いを引き継ぎ“ニューバンビーニ”は「子供と共に育つ家具」として作り続けられています。

最近、改めて“家具”に関して考えさせられることが多いので、

自分の思いがブレないように、改めてご紹介させていただきました。

wSTC-02RD