Captain Chair【高山ウッドワークス】

縮小IMG_4988
“キャプテンチェア” 塗装仕上げ

縮小IMG_4996
木材を曲げることを「曲げ木」と言います。
この曲げ木を取り入れて作られた家具は、飛騨家具の特徴のひとつです。

縮小IMG_4991
塗装を施すことでナラ材の木目がより美しく見えます。

縮小IMG_4993
板座をお尻の形に削り取る加工を「座ぐり」と言います。
ピッタリとおしりにフィットして、痛さが感じにくくなっています。

縮小IMG_4986

縮小IMG_4985

縮小IMG_4982
“キャプテンチェア”
W595 D505 H710 SH415
オーク無垢材
特注UN色
design:岩倉榮利

縮小IMG_4980
“キャプテンチェア”は昭和30年代にウインザーチェアを
アメリカに輸出していた岐阜県飛騨高山の工場で作られています。

縮小IMG_4974
どことなくアンティーク家具に見えるのは、その歴史からなのかもしれません。

縮小IMG_4970
17世紀イギリスのウインザー地方でデザインされ、

縮小IMG_4964
18世紀イギリスから独立したアメリカに、

縮小IMG_4956
20世紀日本から輸出していた椅子。

21世紀になって【リ・デザイン】され人気を博し、鹿児島の新築マンションに納品されました。

時代と国境を超えて愛される“キャプテンチェア”

長く使い続けれれる名作椅子です🎶