高山ウッドワークス

「匠の技」によて生み出される10年保証の家具
〜伝統と技術、新しい感性の融合〜

伝統文化が息づく町、「岐阜県飛騨高山」の木製家具メーカー・木工職人とデザイナーが、地場産業の伝統技術とモダンデザインをフュージョンさせたブランド。
飛騨高山に脈々と伝承されている優れた技能とデザインのコンビネーションを目指し、モノづくりの原点に回帰し、デザイナーと木工職人との共同作業を基本に、素材とフォルムのバランスの中にある造形美を派遣し商品に反映しています。

高山ウッドワークス商品一覧へ

伝統の技術による美しいフォルム

椅子の背もたれの部分は一本の木を曲げて作られています。
曲木(まげき)の技術は飛騨家具の特徴の1つです。
厳選された木材を圧力釜の中に入れ蒸気で蒸します。
柔らかくなった無垢材は金物型にはめてプレス機で徐々に曲げていきます。
沢山の工程を経て作られた笠木は木の繊維がつながっていますので、頑丈で木目も綺麗に仕上がります。

座面の部分は一枚の板を削りだして作られています。
本格的な座ぐり加工が出来る工場は日本には2・3社かありません。
座面をお尻の形に合わせ削り取ることで、ピッタリとお尻にフイットして痛さが感じにくくなっています。
昭和30年代にウインザーチェアをアメリカに輸出していた歴史が、高度な座ぐり技術を可能にしました。

天板の美しさは、出来上がった家具の美しさに通ずる

すべすべした手触の木肌と目を奪われるほどの木目は、群を抜いた美しさを醸し出します。
最高ランクの無垢材を採用し、木を選別する熟練の木取職人によって選ばれた節のない綺麗な木材のみを採用していることが理由に挙げられます。
さらに、培われた審美眼で木目と木の動きのバランスを考えながら、一枚一枚丁寧に無垢材を合していくことで綺麗な天板が完成します。

強度な組み立ての証「10年保証」

家具の組立は仕上げの一番大事なポイント。
椅子の組み立てには、木と木をクギの一本も使わずに「ちぎり」という技法で組み上げています。
この手作り家具の至難の技が精度に反映されます。
木を知り尽くした熟練者の目と勘が必要とされ、組み上がったものは家具としての美しさ、強さを感じます。
高山ウッドワークスの家具は部材ひとつからリペアができます。
長年使った愛着のある椅子を壊れたから買い換えるのではなく、修理して次の世代に引き継いでいただけます。
お嫁入り道具や独り立ちの際に、長年使った椅子をプレゼントする。
一生使い続けることのできる感動的な家具です。