宮崎椅子製作所

宮崎椅子製作所宣言

1969年創業。宮崎椅子製作所は、椅子という成果を実らせる一本の木であることをめざす、木の椅子づくり専門の家具メーカーです。
家具デザイナーの村澤一晃と小泉誠を中心に、Inoda+Svejeほか幾人かのデザイナーとのワークショップ方式のデザイン開発に取り組んでいます。
最近のプロジェクトで特徴的なのは、ノックダウンチェアやスタッキングチェアの開発に積極的だということ。機能性や利便性といった価値を椅子にそなえると同時に、こうした取り組みの中からさまざまなチャレンジやアイデアが生まれ、新しい方向性を見つけだせる手ごたえを感じています。
めざすのは、「他社には真似のできない椅子づくり」です。

宮崎椅子製作所商品一覧へ

「日本でつくる」意味と価値がある椅子作り

メイド・イン・ジャパン。
日本でつくることの意味と価値を持った椅子作りを宮崎椅子製作所はめざしています。
使っていただく人の声が届くところで、顔が見えるところで、丁寧なデザインと品質確保に、やりがいと責任を持って家具作りに取り組んでいます。

すべての製品には、製造ナンバーを記したシールが貼られています。
このナンバーによってその製品をいつ製造し、どこに出荷したのか履歴が確認できます。
製品に問題があったときの対応はもちろん、そうでない場合も期限を定めずにできるだけコストを抑えた修理が出来るようになっています。

こうしたやりがいと責任を保持していくために、宮崎椅子製作所は「考える工場」をスローガンにかかげています。
ものづくりをルーティンワークとせず、ひとつのパーツおいても、より美しく仕上がり、強度が備わり、材料を無駄なく有効に活用することをスタッフ一人ひとりが常に心がけています。

デザインと技術をひとつに繋ぐ

家具メーカーとデザイナーが作るコラボレーション商品は、メーカーに違うエッセンスが加わることによって、新しい魅力を生むきっかけとなっています。
現在、いろいろな試みがなされていますが、宮崎椅子製作所とデザイナーのコラボは、その中でも優れた商品を生産しています。
現場でスタッフと共に素材や道具に触れながら手で考えるデザイナー。
新しいつくり方や技術や機会の応用を頭の中で組み立てる工場スタッフ。
コミュニケーションを積み重ね、踏み込んだ対話ややり取りが結果となってあらわれてきています。

そして全国で話題の椅子メーカーへ

こうして作られた椅子は背もたれのあたりがとてもやわらかく、座面の高さもちょうど良く長時間座っていてもお尻が痛くなりません。
工場だけで家具を作ると生産性や機能性を考慮するあまり、コンサバティブになってしまいますが、そこにデザイナーの感性がプラスされることで、Pepeチェア・UUチェア・No42など室内の空気感を変えてしまうほどの椅子が生まれました。
これらの椅子は、全国のインテリアショップで話題となり、無垢材の家具を販売しているお店では必ずといっていいほど販売しています。

デイジーでは、これからも宮崎椅子製作所とデザイナーのコラボレーションによって生み出された「機能性+デザイン」に優れた製品を皆さまにお届けいたします。