「 厳しい目で選ばれた無垢材 」T30 ORDER TABLE /

DAISYオリジナル T30オーダーテーブルは、
1年以上もの時間をかけて乾燥させた、
割れ反りのない無垢材のみを使用しています。


材料となる無垢材は北米で製材され、
数週間ほど野ざらしで天然乾燥させます。

その後、乾燥釜へ移動し、釜の中でじっくりと乾燥。
その期間、オーク材は3ヶ月、
ウォールナット・チェリー材は1ヶ月ほど。

釜から出ると、さらに天然乾燥を約3ヶ月。

実質半年ほど乾燥させ、日本へ運搬します。


日本に到着した無垢材は、日本の気候に慣らすため
そこからさらに半年〜1年ほどかけて
天然乾燥を繰り返し、
ようやく家具に使われる材料となります。

長年、木材と向き合ってきた職人が
膨大な材料の中からワレや節を避け、
木目や色のバランスを見ながら
テーブルに適した無垢材を選別。

確かな「カン」と
培われた厳しい目で選び抜かれた無垢材は
150℃程に温められた鉄板を加圧しながら
無垢材をプレスし、含水率を調整します。

その後、さらに1日養生。
ようやく「材料」が「家具」になる準備が
完了するのです